健康食品の本当のところ

資格ピンク > サプリメント > 健康食品の本当のところ

健康食品の本当のところ

「健康食品」という言語は、法によって制定されたわけではなく、健康の維持や増進に効く食品として販売・使用されるもの全てを表し、とても広義に使われます。

 

健康補助食品や、色々な成分が入っているドリンク剤やサプリメントなども、健康食品にあたります。

 

 

 サプリメントなどはドラッグストアでよく見かけるので親しみがあるかもしれません。

 

最近では健康食品は数多くあって、何を選んでいいのか、問題になりますよね。

 

 

体に関わることなので、しっかりと調べて選んだ方がいいです。

 

 

そのため気になるものがあれば、健康食品の知識をもつ専門家に一度相談して、お買い求めすることを勧めます。

 

健康食品には病院でもらう薬と併用すると薬の効果を殺してしまう反応を起こすこともあるので薬を服用中の時は取り入れる前に相談できる医師に確認をとることが必須です。具体的な例はカルシウムと強心薬、マグネシウムと骨粗鬆症の薬など、 これらは合わせて飲まないように用心しましょう。

 

ビタミンAは皮膚細胞の成長を促したり、目に光を感じるための物質ロドプシンの原料となり、皮膚や目を健やかにするのに不可欠な栄養素です。

さらに鼻や喉の粘膜の元となりウイルスなどの敵の侵入を防ぐ効果もあります。

 

 

レバーなど動物性食品に多く含まれるレチノールと場合により体内でビタミンAに変換するβーカロテンというビタミンがあります。女性の間で人気のコラーゲン配合の健康食品ですが、コラーゲン摂取の為に食べたとしても確実に美肌や健康効果が表れるというわけではありません。

コラーゲンはたんぱく質の一種ですが、身体を構成する為の重要成分となっていることは確かですとはいってもただそれを補うだけでは関節や皮膚への効果が期待できるという医学的根拠は、今のところ有りません。食事の際は黒ウーロン茶を一緒に飲むと、脂肪の吸収を抑制し体に蓄積しやすい脂肪をつきにくくさせるお茶です。トクホ(特定保健用食品)として許可もされていて、効果については多くの人が実感してます。

最近お腹の周りが気になってきた、体脂肪が気になりだした、という場合におすすめです。

 

 

 

香ばしい香りで口の中をさっぱりとさせてくれます。

 

 

リンは骨や歯の原料となり、エネルギーを生み出すことに関連したり、細胞膜で使用されたり、脳や神経の性能を助ける効果があります。

 

リンが少なくなると筋肉や神経の病気になる可能性があります。インスタント食品などに多く使用されるため、逆に過剰に摂取しやすく、取り過ぎによって骨粗鬆症や腎臓病の要因となります。

 

活性酸素が多くなると、体の細胞が酸化して、老化を早めます。ビタミンEには活性酸素の弊害から細胞膜を守る役目を果たすため、若返りビタミンという呼称もあります。

 

またビタミンEには、女性ホルモンを増やす手助けをしたり、血行不良を改善する作用もあり、女性にっとって大事な美容と健康に不可欠なビタミンです。なぜ子供の便秘にオリゴ糖が効くの?

 

 



関連記事

  1. 健康食品の本当のところ
  2. 健康食品は健康管理というものに気を配っている会社員やOLに、愛用者が多い