ミネラルの働きは体全体のコーディネーター?

資格ピンク > 子育て > ミネラルの働きは体全体のコーディネーター?

ミネラルの働きは体全体のコーディネーター?

子どもらの脳みそはほんの3,4歳で大人の脳の85%程度にまで発達します。

 

 

以後は環境に応じて徐々に鍛えられていき、まるで筋力をアップさせるためにトレーニングする時と同じように知的トレーニングを行うことで高いレベルのものに発展していきます。

 

 

 

栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳機能の発達を支える栄養素です。

また魚や海藻に含まれるDHA/EPAは脳神経の流れを良好にする効果で知られています。

野菜に豊富なビタミン類は、ほかの栄養の作用を下支えする、身体の生命活動のバランスを取るなどの効果があります。

 

無数の細胞にエネルギーを与え、免疫システムを強化するために、いつも摂取する必要のある栄養です。小松菜やニンジンなどの野菜類やキウィやリンゴなどのフルーツの栄養のひとつであるビタミンは免疫力を高めるための白血球の力を高めます。野菜ジュースにはミネラルが多く含まれます。

 

ミネラルというのは体の構成元素であるとともに、口から食べるものの消化や吸収、不要なものの排泄、エネルギーを作り出すことなど体の働きをコーディネートする役割があります。

 

 

さらに野菜には排便状態を整え、腸にたまった有害物質を吸着し排出する食物繊維が豊富なことで知られています。

この種のものは体の中では生産できませんから、食事によって摂取することが大切なのです。小児に毎日のスッキリ習慣を習得させ、それが健康に与える影響を実感させるカギは、子どもに対する親の教育です。朝食をきちんと食べて、もよおしたらトイレに行く、そのパターンを習慣化しましょう。それから、排便状態が健康レベルを示す大事なサインであることを伝えましょう。

目指すべき便はニオイが臭くなく、バナナに似たかたちでまずはプカプカ浮くものの、少しずつ下のほうへ落ちていく感じのイメージです。

 

 

 

成長途上の子にとっては栄養が偏らないような食事を三食しっかりと食べることが肝心です。

といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、もともと身体が求める栄養というものの許容範囲がおかしくなることがあります。

一つの保育園の取り組みとして自らが食べられそうなぐらいのご飯をよそわせ、子ども自身の欲している容量の意識を持つようにさせているそうですが、効果的な手段といえそうです。

子どもがのどが渇いたという時には、清涼飲料水や茶よりも水が一番良いのです。

 

 

余分な成分が含まれないことから、体への浸透がスムーズなのです。

 

 

中でも起き掛けの1杯の水は、休んでいた胃も覚醒し胃腸は懸命に働き始めます。

 

がぜん食欲がわいてきて、冷えた水のさわやかさによりパッチリと目が覚めることでしょう。

 

 

 

子供の身体の健康と成長を支えるのは食物です。                        フードのパワーというのは、薬を超えたものになることがあります。

子供の日々食べているものこそが生育の状況に大きくインパクトを与えます。

 

 

 

周りの成人、中でも親としては、その事の重大さを認識しておかなくてはなりません。食べ物が病気知らずの身体づくりにも強い効力を発揮しますし、頭脳明晰な子に育つうえでもカギとなります。

 

現代っ子は体格にも恵まれ身長も高く、手足の長さもサーと長く、以前よりずっとスタイルがいいです。

この理由は炭水化物中心の日本的な食事メニューから肉などをよく食べる欧米食に社会全体として傾いてきたからです。

 

 

 

しかし、糖尿病やガンなど昔の日本では深刻ではなかった病気が多くなっているのです。

 

より気にかかるのは子どもたちのメタボや生活習慣病も増してきている点です。幼児の便秘には青汁が効果あり