赤ちゃんの便秘薬マルツエキスとは?

資格ピンク > 子育て > 赤ちゃんの便秘薬マルツエキスとは?

赤ちゃんの便秘薬マルツエキスとは?

マルツエキスは赤ん坊のための便秘薬として、明治39年から和光堂で作られております。 

マルツエキスのメインの原材料は麦芽糖であり、麦芽糖の発酵作用が腸の作用を助長させてくれて安定したお通じへといざなってくれます。

便秘薬で市販で並んでいるもののほとんど3歳以下のお子さんに利用できませんが、マルツエキスは赤ちゃんにも使用することができます。 テイストはかすかに甘い水飴のようです。 

その状態でスプーンで飲ませるのもいいですし、ヨーグルトに混ぜ込んだり、湯冷ましに溶かしたりと、お子さんに摂取しやすくアレンジすることが行なえます。

インターネットを介してのクチコミをチェックしてみれば、効果という意味ではあるという評価と、ないという評価とに二分されており、効果はお子さんによって開きが出るようですが、ウンチをやわらかくする作用からいったら口を揃えて効き目があるという反応が大部分です。

水飴状となっていることが、摂取しやすいお子さんもいるかと思ったらむしろ警戒心を感じたり、口当たりが不得意に感じ取るお子さんもいるみたいです。

そして、それなりに甘味があるので、甘いものがクセになっておっぱいやミルクを飲まなくなるかもしれないと心配しているママさんも。 与え方に工夫を行ったり、とりわけ便秘のフシがある時にだけ利用するといった意識が必要かもしれないですね。



関連記事

  1. 赤ちゃんの便秘薬マルツエキスとは?
  2. ミネラルの働きは体全体のコーディネーター?